文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする

公益財団法人岡山県健康づくり財団


再生コンクリート砂、改良土の六価クロム溶出検査

再生コンクリート砂、改良土の六価クロム溶出検査

セメント及びセメント系固化材を使用した改良土等を使用する場合、条件によっては六価クロムが土壌環境基準(0.05mg/L)を超える濃度で土壌中に溶け出す恐れが指摘されています。

これを受けて、国土交通省から、平成19年10月11日に「公共建設工事における再生コンクリート砂の使用に係る留意事項」が示されました。

これによると透水性を有し、浸透した水が土壌又は公共用水域へ拡散するおそれのある箇所に、工作物の埋め戻し材料等として再生コンクリート砂を使用する際には、当面、六価クロムについて、平成3年8月23日付け環境庁告示第46号に規定される測定方法に基づき、あらかじめ土壌の汚染に係る環境基準に適合することを確認することとなっております。また、各工事で1購入先当たり1検体の試験を行うものとされています。

当財団では、「セメント及びセメント系固化材を使用した改良土の六価クロム溶出試験実施要項(案)」に基づき、下記項目の溶出試験を受託しております。

  • 配合設計の段階で実施する環境庁告示46号溶出試験
  • 施工後に実施する環境庁告示46号溶出試験
  • 施工後に実施するタンクリーチング試験

1.環境庁告示46号溶出試験

試料 再生コンクリート砂、改良土
試料量 約500g
標準納期 約1週間から10日間
試験費用 7,000円(税抜)

2.タンクリーチング試験

試料 施工後の改良土
試料量 約500g(塊のままで)
標準納期 約1か月
試験費用 15,000円(税抜)

六価クロム検査

六価クロム検査

試験検査依頼書です。ダウンロードしてご使用ください。

 

関連情報

Adobe_PDF_file_icon_24x24 公共建設工事における再生コンクリート砂の使用に係る留意事項[国土交通省]

Adobe_PDF_file_icon_24x24 セメント及びセメント系固化材を使用した改良土の六価クロム溶出試験実施要領(案)[国土交通省]

Adobe_PDF_file_icon_24x24 タンクリーチング試験について[国土交通省]

 

お問合せ先

●環境部

〒700-0952 岡山県岡山市北区平田408-1
TEL 086-246-6257 / FAX 086-246-6258
メールでのお問い合わせはこちら

●北部オフィス

〒707-0004 岡山県美作市入田291-2
TEL 0868-75-3151 / FAX 0868-75-3153
メールでのお問い合わせはこちら

ページの一番上へ