文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする

公益財団法人岡山県健康づくり財団


HACCP(ハサップ)相談窓口を開設しました!

普段食べている食品について安全・安心なのか気にしたことはありませんか。

HACCPとは国際的に認められた安全で衛生的な食品を製造するための管理方法のひとつで、アメリカやヨーロッパではすでに制度化されています。

現在、日本では近年の国際化、消費者の食品に対する意識の高まり、2020年のオリンピック開催などでますます日本国内で流通している食品が安全・安心なのか国内外から注目を浴びる機会が多くなっています。その中で食品衛生法が改正され、原則としてすべての食品等事業者の方が「HACCPに沿った衛生管理」に取り組むことが義務づけられました。

当財団では、岡山県より委託を受け『HACCP相談窓口業務』『飲食店に対する衛生管理計画の作成支援研修会業務』を実施しています。

HACCP相談窓口

食品事業者様等がHACCPに関する疑問やお困りごとなどにお答えするHACCP相談窓口を開設しています。お気軽にご相談ください。

こんな内容にお答えします

TEL:086-246-6261

その他、食品の検査等についてはこちら

飲食店に対する衛生管理計画の作成支援研修会

岡山県では小規模飲食店および小規模製造業等(菓子、パン、旅館・ホテル、生めん、乾めん)の事業者様を対象にHACCPに沿った衛生管理に関する研修会を行っています。
参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。

研修会の様子
小規模飲食店 研修会の様子(講師:岡山県健康づくり財団)

研修会の詳細、お申し込みはこちらから(岡山県HP)

小規模飲食店対象はこちら

小規模製造業等対象はこちら(菓子、パン、旅館・ホテル、生めん、乾めん)

ページの一番上へ