文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする

公益財団法人岡山県健康づくり財団


理事長あいさつ/基本理念/事業の内容

理事長あいさつ

理事長当財団は、設立以来県民の総合的な健康づくりを推進するとともに生活環境の保全に必要な事業活動を展開してまいりました。
最近では、メタボリックシンドロームや食品における安全・安心への関心が高まるなど、時代のニーズに応じた対応が求められており、生活習慣病等の疾病予防 や早期発見のための検診事業、安心安全な暮らしを目指した精度の高い飲料水や食品の検査事業など当財団の果たす役割はますます重要なものとなってきています。
このような状況の中で当財団としては県民一人一人の健康づくりと、住みよい生活環境づくりを目指した取り組みを積極的に進めてまいりたいと考えております。
今後とも皆様方に愛される財団を目指して役職員が一丸となって邁進していく所存でありますので、皆様方の温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

基本理念

私たちは、公益財団法人として、県民の健康づくり、
疾病予防、生活環境の保全等に関する専門性の高い技術・
知見の提供により、県民が安全に、安心して、
健康に生活できる地域社会の創造を担います。

経営の姿勢(経営を行う上で重んじること)
  • 利用者に対し、顧客第一主義で、高度な専門性に裏打ちされたサービスを持続的、積極的に提供する。
  • 公益財団として、公益性を重視しつつ、行政や関係団体と協働し、「攻めの事業展開」を図る。
  • 業務の不断の見直しを行い、効率的な経営を図る。
  • コンプライアンスを徹底し、透明性が高く、県民から信頼される 財団運営を行う。
  • 職員一人一人の個性を尊重し、自己実現をサポートする。
行動規範(職員の行動指針・心得)
  • 倫理観を持つ
    規律を重んじ、約束は守ること。
  • 主体性のある行動をする
    自ら考え、行動すること。
  • 協調性のある行動をする
    目的意識を共有し、目標達成のためにコミュニケーションを大切にすること。
  • 積極性のある行動をする
    誇りと自信と高い志のもと、チャレンジ精神を持って仕事に取り組むこと。

矢印

目指すべき財団の姿
  • 健康づくり、医療、疾病予防、生活環境の保全に関し、常にトップレベルの技術・知見を持ち活動する財団
  • 積極的な情報発信、先駆的な提案など「攻めの事業展開」を行う財団
  • 地域社会や出捐団体等と連携し、一次予防から三次予防活動の県内拠点である財団
  • 結核予防会、対がん協会の支部機能を持つ特殊性を活かし、独自事業の展開を図る財団
  • 県、市町村が出捐する団体として、県民の健康づくりのため行政の補完機能を果たすとともに、各種施策を提案し実行する財団

事業の内容

県民の総合的な健康づくりを推進するとともに、生活習慣病等の疾病の予防及び早期発見、結核及び一般医療、生活環境の保全に必要な事業等の活動を行い、もって県民の公衆衛生の向上と地域社会の健全な発展に寄与することを目的とし、この目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 健康づくり及び結核、がん、循環器疾患等の予防に関する知識の普及啓発及び調査研究
  2. 健康づくりの実践活動に対する指導及び援助
  3. 結核、がん、生活習慣病等の健康診査
  4. 保健及び医療に関する情報の収集及び提供
  5. 保健医療従事者及び健康づくり指導者の養成及び研修
  6. 結核及び呼吸器疾患を中心とする医療
  7. 保健及び医療に関する臨床検査
  8. 食品衛生に関する試験検査
  9. 浄化槽法定検査事業
  10. 飲料水水質の試験検査
  11. 簡易専用水道検査事業
  12. 環境計量証明事業
  13. その他生活環境の保全に関する試験検査
  14. 食鳥検査事業
  15. その他財団の目的を達成するために必要な事業
ページの一番上へ