文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする

公益財団法人岡山県健康づくり財団


結核医療相談・技術支援センターからのお知らせ

                           令和4年 3月29日

関係機関各位
                                         

                   公益財団法人

                   岡山県健康づくり財団附属病院 院長

                   独立行政法人国立病院機構                                                

                        南岡山医療センター 院長

 

     結核医療相談・技術支援センターからのお知らせ

 春風の候、貴職におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、結核医療相談・ 技術支援センターでは毎年、結核についての研修会を開催いたしておりましたが、新型コロナの感染拡大に伴い、今年度も大人数での研修会は実施困難な状況となりました。その代わりといたしまして、新型コロナ感染症流行下での結核 診療について、医療機関、薬局、保健所などへ行ったアンケートをもとに意見 交換を行い、DOTSや結核健診を中心として現状報告ならびに今後の課題について意見をまとめさせていただきました。

 つきましては、結核診療拠点病院であります南岡山医療センターと健康づくり財団附属病院のホームページに、簡単ではありますが、その内容を掲載させていただきましたので、ご覧いただければ幸いに存じます。

 新型コロナ感染症が落ち着き、また皆様と直接お会いして今まで通りの研修会が開催できるよう祈念してやみません。皆様におかれましてもどうぞご自愛の ほど心よりお祈り申し上げます。

「新型コロナ感染症流行下における結核診療体制について」はこちらからもご覧になれます。

ページの一番上へ