文字サイズ
  • 文字サイズを「小」にする
  • 文字サイズを「中」にする
  • 文字サイズを「大」にする

公益財団法人岡山県健康づくり財団


食鳥検査

食鳥検査

食鳥検査センターは、「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」に基づき厚生労働大臣の食鳥指定検査機関として岡山県知事の委任を受けて、安心・安全な鶏肉を提供するため、獣医師による鶏の検査や専門技師による微生物検査等の各種検査を行っています。

食鳥検査事業

食鳥検査-輸入食品の検査岡山県内には大規模な食鳥処理場が5ヶ所あり、その全てに当センターの獣医師(以下、検査員)が常駐しています。
検査員は処理場の職員(食鳥処理衛生管理者)と協力しながら鶏を診断し、病気を持った鶏が鶏肉として流通しないよう細心の注意を払っています。
また、高病原性鳥インフルエンザのスクリーニング検査(専用のキットを用いた簡易検査)も行っており、早期発見と迅速な対応ができるように努めています。

微生物検査

食鳥検査-微生物検査微生物検査では鶏肉、作業台、器具などの拭き取り検査により、微生物による汚染の有無等を調べています。
その結果は処理場へ報告され、衛生管理に役立てられます。

このように、食鳥処理場における食鳥検査や微生物検査により、安心・安全な岡山県産鶏肉を消費者のみなさんに提供することができるのです。

お問合せ先

●食鳥検査センター

〒700-0952 岡山県岡山市北区平田408-1
TEL 086-246-6257 / FAX 086-246-6258
E-mail:[my_mail_hide mail_address=’syokuchou@okakenko.jp’ link_str=’食鳥検査のメール‘ ]

ページの一番上へ